レビトラ通販にはいろいろな成分量があって迷う!

レビトラは日本では二番目に認可されたED治療薬として知られており、現在でも多くの愛用者がいます。
効果が非常に強くはっきりと出るのが評判で、人気が高いのです。
しかしながら日本で一般に流通しているのは医療機関で処方されるものだけであり、一般的に有効成分の少ないものから処方されることになります。

しかしながら個人輸入と言う形で通販を活用したレビトラの入手を考えているのであれば、日本では一般に流通していない用量の有効成分を含んでいるレビトラを見たことがあるという人も少なくないでしょう。
これは決して偽物と言うわけではなく、日本では認可されていないものであるというだけの事なのです。
日本人の体格や体質では効果が強すぎるという問題から一般的に流通していないというのが実情であり、海外では普通に使用されているケースが少なくありません。

実はこのような容量のレビトラも考え方によってはコスパが良い場合があります。
それはピルカッターを使って錠剤を割って服用をするのであれば有効成分を半分にして摂取することが出来るからです。
すでに自分の体格や体質で十分に効果が出る用量が分かっているのであれば、その二倍に当たる有効成分を含有している錠剤を購入してピルカッターで半分に割ることでコスパの良い購入の仕方にするということも不可能ではありません。

この様な方法でレビトラを有効活用する方法もあります。
様々な有効成分量があって迷う場合も、まずは自分にとって必要な容量と言うものを確認することが必要です。
そのためには何かしらの方法で少ない用量から試してみることが有効です。
どのような薬にも副作用がありますので有効成分が多ければ良いというものではありません。
少量で良いのであれば出来るだけ少量で使用した方が体への負担も少なく済むことになりますのでお勧めすることが出来ます。
この様な視点から有効な選択肢を検討するのが良いでしょう。ピルカッターはその際に非常に役立ちます。

レビトラは錠剤タイプとゼリータイプどっちがいい?

レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤タイプが存在します。
病院では主に10mgか20mgの錠剤を使用してED治療が行われています。
5mgは用量が少なく効果が弱いことと、10mgや20mgの錠剤をピルカッターで割れば代用出来るのであまり使用されていません。
レビトラはドイツの製薬会社によって開発されたため、体格が小柄な日本人には10mgの錠剤でも十分な効果があります。
通販サイトでは海外製の様々なジェネリック医薬品が販売されており、ゼリータイプも存在します。

レビトラに含まれる有効成分のバルデナフィルは即効性が大きな特徴です。
空腹時に服用すると約20分で効果を実感出来ます。
またバルデナフィルは食事の影響を受けにくいため、服用前に700kcal以下で脂肪分が30%以下のものを摂取可能です。
通販サイトで販売されている海外製のジェネリック医薬品は、主にインドで製造されたものです。
価格が非常に安くコスパが優れています。有効成分はレビトラと同じバルデナフィルなので、同様の効果を期待出来ます。

錠剤タイプは基本的に水かぬるま湯で服用します。
少量であればアルコールで服用することも可能です。アルコールはリラックス効果があるので、レビトラの働きを助けます。
ただし過度の飲酒は酩酊状態を招き、性行為を困難にするため注意が必要です。
服用後はバルデナフィルの血管拡張効果により酩酊しやすくなっているので、飲酒を控えたほうがいいでしょう。

ジェネリック医薬品のゼリータイプは、バルデナフィルが20mg含まれており強力な効果があります。
水やぬるま湯で服用する必要がないため、錠剤が苦手な人に最適です。
錠剤タイプとゼリータイプは状況に応じて使い分ける必要があります。
ゼリータイプは水やぬるま湯がなくても服用できるので便利です。